会長方針及び会長挨拶President policy&greeting

早乙女会長
2021~22年度
栃木西ロータリークラブ会長
早乙女 雅彦
 

ご挨拶

伝統ある栃木西ロータリークラブの会長を務めさせていただくことになりました。
ロータリアンとしてはまだまだ未熟ではありますが最善を尽くして職務を遂行していきたいと考えておりますので会員の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
昨年から続いております新型コロナウイルス感染拡大が収束せず、日本においてもやっとワクチン接種が進められておりますが、まだまだ予断を許さない状況かと思います。ロータリーの活動も大きな影響を受けております。幸い当クラブは現在のところ対面での例会開催を続けておりますが昨年度と同様に今年度も対外的なイベント参加等は制限を余儀なくされることも考えられます。しかしコロナ禍にあっても感染の状況に対応した形で有意義な活動を行うべきかと考えております。
2021-22年度、シェカール・メータRI会長は「奉仕することにより人々の人生をより豊かにする」「人のために世話をし奉仕することが人生の最高の生き方、なぜなら奉仕することにより誰かの人生だけでなく、自分の人生も豊かになるから」とのお考えよりRIテーマを「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」(Serve to Change Lives)とされました。
そして石田順一ガバナーは「我々が漠然と5年後、10年後にこうなると思う未来の社会をロータリーの揺るぎない中核的価値観を据えながら今ここに実現させる努力が必要です」とのことより地区のテーマを「未来のクラブを描きましょう」としております。
今年度当クラブのテーマを「ロータリーの価値を知り、広げよう!」としました。会員増強はロータリー全体の、そして当クラブにおいても重要な課題ですが、会員一人ひとりが当クラブにおける地域に根差した活動からグローバルな活動まで、あるいはロータリー全体の活動を再確認することによりその価値を知り、周りの人々に伝えることで仲間を増やせるのではないかと思います。
「みんなの人生を豊かにする」というロータリーの価値を一つひとつ知り、そしてそれを広げ仲間を増やすことで「未来のクラブ」あるいは「未来の社会」を描くことができれば素晴らしいことであると思います。 栃木西ロータリークラブ発展のために微力ではありますが最善の努力を尽くす所存でございますので一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。