会長方針及び会長挨拶President policy&greeting

高田会長
2019~20年度
栃木西ロータリークラブ会長
高田 良久
 

ご挨拶

 ロータリー歴10年にも満たぬ者が会長を仰せつかることにいまだ戸惑いを隠せません。
諸先輩には、温かいお導きを切にお願い申し上げます。
 マーク・ダニエル・マローニー国際ロータリー会長が示された2019-20年度の会長テーマは「ロータリーは世界をつなぐ」。これを受けて、川嶋幸雄第2550地区ガバナーは、「無限の可能性」を掲げ、「地域の未来のため、子どもたちを守り、健全に育てていく環境つくり」を行って、地域社会の発展に「つなげる」ことを提唱されました。具体的には、

1.会員増強
 ①各クラブ純増1を目指す
 ②若い方、女性、サラリーマンなども参加しやすいクラブつくりの模索
 ③将来のロータリアンの候補生となるローターアクトクラブの組織化
2.子ども問題への取り組み
3.RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)推進
4.2019-20年度ロータリー賞奨励
5.ロータリー財団の支援
6.ロータリー米山記念奨学会の支援

を挙げておられます。特に6.については、この奨学会の設立に大きく貢献した古澤丈作氏(現在は栃木市となった西方のご出身、東京RC)の功績を讃えるため、栃木地区6クラブを中心とした顕彰会を組織し、事業にあたろうとしておられます。
 郷土の偉人の顕彰は、過去を現在につなげ、未来への道標となります。さらに、川嶋ガバナーは、この奨学会がアジアとの懸け橋ともなると指摘されました。歴史的、空間的つながりが、未来に向けて、地域に大きな可能性を産み出す、こうした事業は、ロータリーだからこそ可能なのだ、と深く感じ入りました。
 少子化、価値観の多様化などでロータリー会員の減少が続く中、こうした「共同事業」は、2.のような課題にも取り組み、「地域社会の発展」といった大きな目標を目指すには必要なことではないかと思います。
 「世界の分断」という課題にロータリーというつながりをもって臨もうとするマロ-ニーRI会長のお考えと、そうしたつながりが無限の可能性を秘め、産み出すとする川嶋ガバナーのお考えのもと、わが栃木西ロータリークラブは「絆をつなぐ」を掲げて小さくても結果を出しながら今年度の活動に寄与することができれば、と考える次第です。
 冒頭申しましたように、いかんせん未熟者の会長です。皆様には、温かいご教授、ご指導、ひとからならぬご助力、ご協力を、どうかよろしくお願い申し上げます。