会長方針及び会長挨拶President policy&greeting

川嶋会長
2017−2018年度
栃木西ロータリークラブ会長
狐 塚 育 男
 

我々は今何をなすべきか、大いに語り合いそして行動を

 伝統ある当クラブの会長という重責を負うことはこれで二度目です。会員各位におかれましては、会員の減少によりクラブ運営が重大な局面を迎えているという事態は既にご承知のことであろうかと思いますが、これを打破する為に、会長にかかる期待の大きさに押しつぶされないようそして更なる魅力あるクラブ作りを目指し、実りある一年間とするよう努力する所存ですので会員の皆様のご指導ご鞭撻、ご協力をお願い申し上げます。
 クラブの円滑な運営の為には会員増強が必要不可欠であり、その減少は当クラブが数十年継続して実施している多くの意義ある事業の縮小を余儀なくし、またクラブの存続自体が危うくなります。前述した通り、この減少が当クラブの現状ですのでこれを改善する為には、もっと会員が本音で語り合う機会を作り、その結果は必ず実践するという行動力が伴わなければならないと考え、そしてRIテーマの「ロータリー:変化をもたらす」、そして当地区太城ガバナーの「チャレンジ&イノベーション」を念頭に、「我々は今何をなすべきか、大いに語り合いそして行動を」を私の年間指針としました。
 これを遂行する為には、まず会員それぞれがロータリーとは何か、ロータリアンは何をなすべきなのかを大いに学び、更に先輩諸氏の知識を大いに吸収しなければならないと考えます。
 ロータリーの原点である奉仕の理想をよく理解し協力しその活動の素晴らしさを外部に伝えられるよう研鑽すれば自ずと仲間は増えるものと考えます。